環オホーツク観測研究センター

Previous Image
Next Image

環オホーツクセンターからのお知らせ

2016.11.18 低温研共同利用集会:「陸域と沿岸を繋ぐ問題点抽出のためのワークショップ」 2016.11.16
2016.11.14-15 「西部北太平洋の微量元素の3次元循環像構築にむけたワークショップ」 2016.09.28
2016.7.27-28 白鳳丸WS「オホーツク海氷融解水が春季親潮域の植物プランクトンブルームと 生物地球化学過程に与える影響に関する研究:研究航海データ検討WS」 2016.06.29
2016.6.4 低温科学研究所が一般公開されました(オープンキャンパス) 2016.06.17
2016.6.30-7.1 研究集会「宗谷暖流を始めとした対馬暖流系の変動メカニズム」 2016.06.03

»過去のお知らせ一覧

シンポジウム&セミナー

2016.11.18 低温研共同利用集会:「陸域と沿岸を繋ぐ問題点抽出のためのワークショップ」 2016.11.16
2016.11.14-15 「西部北太平洋の微量元素の3次元循環像構築にむけたワークショップ」 2016.09.28
2016.7.27-28 白鳳丸WS「オホーツク海氷融解水が春季親潮域の植物プランクトンブルームと 生物地球化学過程に与える影響に関する研究:研究航海データ検討WS」 2016.06.29
2016.6.30-7.1 研究集会「宗谷暖流を始めとした対馬暖流系の変動メカニズム」 2016.06.03
2016.5.17-19 International Ocean Vector Wind Science Team (IOVWST) Meeting 2016開催 2016.01.08

»シンポジウム一覧

観測&研究活動

学会発表:千島ブッソル海峡での乱流観測:ロシア船マルタノフスキー観測から 2016.11.16
学会発表:北太平洋亜寒帯海域の海洋酸性化に対するオホーツク海の緩衝作用 2016.11.16
学会発表:ウルップ海峡での係留・乱流観測 2016.11.16
学会発表:千島カムチャツカ海溝における深層流量の推定 2016.11.16
学会発表:Distribution of dissolved zinc in the western and central subarctic North Pacific 2016.11.16

»研究一覧

論文、著書など

論文:オホーツク海北西域は北半球最大の海氷生産海域-全球海氷生産量マッピングから-(大島他、Geoscience Letters, 2016) 2016.11.28
論文:海氷の中に存在する鉄分が植物プランクトンに利用できる形態であることを示した論文(漢那・西岡、Marine Chemistry、2016) 2016.11.04
論文:黒潮続流域3隻同時観測で捉えられた海面水温が駆動する風(西川他、Mon Weather Rev, 2016 accepted) 2016.07.26
論文:カムチェツカ半島沖親潮上流域のCs他の観測結果。2014年に実施したロシアとの共同研究航海による成果の最初の論文です(Inose他、J. Environ. Radioactiv., 2016) 2016.06.03
解説:札幌における積雪観測と物理プロセスモデル開発(青木他、低温科学、2016) 2016.04.21

»論文一覧

環オホーツク観測研究センターについて

当センターについて

「環オホーツク地域」とは、オホーツク海を中心に、ユーラシア大陸、北太平洋、北極圏、温帯・熱帯域に囲まれた地域をいいます。地球環境変動における環オホーツク地域の役割を正しく評価することが本センターの目標です。

アクセス

環オホーツク観測研究センター 〒060-0819
札幌市北区北19条西8丁目
北海道大学低温科学研究所
TEL:011-716-2111(代表)
FAX:011-706-7142

Copyright(C) Pan-Okhotsk Research Center Allrights reserved.